漢字暦

卓上型白川静漢字暦

今年のカレンダーは平凡社の 白川 静 漢字暦 2011 卓上版
せっかくですので、この1年毎週、そこにある一字の漢字を見ています。・・2011年も8月。

字源は体系的に、字群によって証明されることを要する」(「字統の編集について」白川静)




風・鳳


2011年第32週

(以下引用)
「風 (ふう)」は鳳形(ほうけい)の鳥で表され、それは神の使者であった。
上帝(じょうてい)の命(めい)をあまねく伝えるために、東西南北、それぞれの地方にある神々も 皆鳥を使者とし、
その往来は風のそよぎとして感知された。 風土、風紀、風俗は、みなその地の神々の意志によって形成されるものとされた。

更新日2011年8月7日(日)



龍・虎


2011年第33週

(以下引用)
「龍(りゅう)」の字形は、辛形(しんけい)の冠をいただく形にかかれている。
それは、「風(ふう)」や、また図像風にしるされた「虎(こ)」にも加えられているが、その他には霊がない。
のちの四霊(しれい)のうちの、青龍(せいりゅう)、朱雀(すざく)、白虎(びゃっこ)への発展を推測させるものである。

更新日2011年8月7日(日)



蜺・雲(云)


2011年第34週

(以下引用)
「虹(蜺げい)」は、双頭の竜の形で示される、
陰陽の気の乱れたとき、
その龍は河水(かすい)を飲むために、虹形の蛇身をあらわすとされた。
甲骨文に、この双頭の蛇が天から首を垂れて、黄河の水を飲んだとしるしているものがある。 空を流れ漂う雲にも、精霊があると考えられた。
それは龍の形をしたものであった。
「雲」の元の字である、「云(うん)」の字形は、 雲気の漂う下に、龍尾を捲くその形がみえる姿である。

更新日2011年8月15日(月)



神(申)


2011年第35週

(以下引用)
「神(しん)」は、元電光の走る象で、「申(しん)」がもとの字である。
すなわち自然の霊威を示すもので、自然神をいう。
天の神を「神」といい、
地の神を「祇(ぎ)」という。
氏は氏族共餐の時に用いる 小刀の形であるから、
「祇」は氏族の保護神を言う字であろう。

更新日2011年8月25日(木)

以前の、神という字のプチ考察

次週は9月(2011年第36週)
...以下続く

上に戻る

  1. 口(さい)
  2. 史(ふみ
  3. 使・事
  4. 尋・左・右
  5. 兄・祝
  6. 言・告
  7. 語・舎・害
  8. 闇・問
  9. 見・望
  10. 蠱・蔑
  11. 孕・身・后
  12. 棄・流
  13. 犬・伏
  14. 降・際
  15. 風・鳳
  16. 龍・虎

口(さい)(さい)

神に祈り誓うときの祝詞を入れた入れ物

落合淳思さんの「甲骨文字小字典 」 ( (筑摩選書)2011/02/16刊)なども 参照しながら、後ほどさらに追記します。




上に戻る

neko_atama_byM's Archive

クレオパトラ