ゴッホの青と黄色

ゴッホの毛糸だま

Vincent van Gogh(1853 - 1890)


Vincent Van Gogh 美術館
http://www.vangoghmuseum.org

Paintings in Museums and Public Art Galleries
http://www.artcyclopedia.com/

http://www.nhk-p.co.jp/tenran/gogh/ゴッホ展 展覧会情報 NHKプロモーション
http://gogh.exh.jp/NHKきんきメディアプラン


1

http://www.nhk-p.co.jp/tenran/gogh/program.html
 「 その燃え上がるような色彩は、従来「耳切事件」に代表されるゴッホの
激情的な性格のなせる技と考えられてきました。しかし、近年研究が進むにつれ、
色彩理論を学び、補色や対比を計算して使いこなしている理知的なゴッホの姿が
見えてきました。」

※(渋谷文化村ミュージアムに70点がきた頃)

クレラー=ミュラー美術館所蔵 ゴッホ展
主催日本テレビ放送網/Bunkamura
1999年11/19〜 2000/1/23
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lib/lib98_00.html


その後、2003年にオルセー美術館所蔵のミレーの3大名画
《晩鐘》《落穂拾い》《羊飼いの少女》が きた時
ミレー3大名画展 〜ヨーロッパ自然主義の画家たち〜」
http://www.bunkamura.co.jp/museum/event/millet/sakuhin2.html

種まく人(The Sower)
重荷を背負う人々(The Beareas of the Burden)
黄色い皿の上のじゃがいも(Still life with the potatos in yellow dish)
月の昇る夕べの風景(Evening landscape with rising moon)
 な どのミレーの作品と
ゴッホの作品も
「麦わらを束ねる農婦」(1889 ファン・ゴッホ美術館)
機織りの農夫(右向き)(1883-84)
じゃがいもを掘る農婦 (1885)
ミレーが影響を与えた画家の絵として出品された

ギュスターブ・クールベ「仔山羊を抱く村の娘」(1859 クールベ美術館)
ジュール・ブルトン「落穂拾い召集」(1859 オルセー)
レオン・フレデリック「農民の子」(1888 アントワープ国立美術館)
パブロ・ピカソ「年老いた漁師」(1895 モンセラット美術館)
ジュール・パスティアン・ルパージュ「眠りこけた小さな行商人」(1882 トゥルネー)
フィンセント・ファン・ゴッホ「麦わらを束ねる農婦」(1889 ファン・ゴッホ美術館) など
ミレーが影響を与えた多くの画家の絵も出品された

2


黄色い家 The Yellow House
Vincent van Gogh
1888年9月末, Arles, France,
Oil on canvas
72 x 92 cm

Van Gogh Museum(Vincent Van Gogh Foundation), Amsterdam 所蔵

Vincent van Gogh (1853-1890) 1888 76 x 94 cm schilderij olieverf op doek Van Gogh Museum
WEB 検索
holland.comの黄色い家のページ
http://www.holland.or.jp/nbt/holland_feature_articles_2001.09.htm
ヴィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)の特別展の話
〔byオランダ政府観光局〕

Van Gogh Colors


WEB 検索
おまけ: National Gallery of Art, Washington, DCにあるゴッホの絵



Farmhouse in Provence, 1888,
Flower Beds in Holland, c. 1883,
Girl in White, 1890,
La Mousme, 1888,
The Olive Orchard, 1889,
Roses, 1890,
Roulin's Baby, 1888,
Self-Portrait, 1889,

The Harvest, 1888,
Harvest--The Plain of La Crau, 1888,
The Magrot House, Cuesmes, c. 1879/1880,
Man Polishing a Boot, 1882,
Old Man Carrying a Bucket, 1882,
Ploughman in the Fields near Arles, 1888,
Postcard with Two Peasants Digging, 1885,
The Zandemennik House, c. 1879/1880,

Dr. Gachet (Man with a Pipe), 1890,
Orphan Man, Standing, 1882,
Potato Eaters, 1885,



「ゴッホ展 孤高の画家の原風景」

東京新聞など主催で開催中2005/07/02記

来ている作品は…
1.開かれた聖書のある静物
2.織機と織工
3.馬鈴薯を食べる人々
4.古靴
5.モンマルトルのムーラン・ド・ラ・ギャレット
8.モンマルトルの菜園とムーラン・ド・ブリュット=ファン
9.レインスブルフ近郊のチューリップ畑と風車
10.レストランの内部
11.石膏像のある静物
13.芸術家としての自画像
14.花魁(渓斎英泉による)
15.アルル近郊の花畑
16.種まく人
17.夜のカフェテラス
18.池に続く小道
19.ミリエの肖像
20.黄色い家
21.子守女(ルーラン夫人の肖像)
22.糸杉
23.サン=レミの療養院の庭
24.ピエタ(ドラクロワの模写)
25.犂と馬鍬(ミレーの模写)
26.パンを焼く女
27.悲しむ老人
28.糸杉と星の見える道
29.花咲くマロニエの木
30.夕暮れの風景

|ゴッホの青と黄色|ゴッホと本|ゴッホの麦|ゴッホのアイリス|ゴッホのひまわり|ゴッホの猫|