蟲 虫(むし)


蟲…訓(むし)と虫


さて、「虫」の字について。人間も虫であ るという漢和辞典(*1)の解を見た時、人間 というものへの認識方法に、辞書を読む面白 さを一つ発見したように興奮した覚えがあり ます。

 蟲(diong)は動(dong)で、うごめくもの、 「虫は動物の総称」で、その分類は、羽、毛、 甲、鱗という、表皮・外面によって分けられ、 その他はなんという意味もないのだというか のような分け方に、大いなるテツガク、古代 人の生命観を感じたものでした。

 漢検漢字辞典にもありますが、裸虫=人間、 羽虫=鳥、甲虫(カブトムシではなくコウ チュウ)=亀、毛虫=獣、鱗虫=魚で、白川 静によれば、「生物は鳥獣虫魚のように大ま かに分類され、虫は気によって生ずる」もの とされる。字訓「むし」は生(む)す、蒸 (む)すの同系の語で、「温湿の気によって 生じる」ことを意味するという。(*2)  以上を縮めると、生物はその外界と触れる 表皮によって分類され、湿り気が生物と無生 物を分かつのだ、と訳せるだろうか…。そし て、地球上の全生物の4分の3を占める「昆虫」 が、生物の王者であるのか…?

 福岡伸一さんは「人は瞬時に、生物と無生 物を見分けるけれどそれは生物の何を見てい るのでしょうか、生命とは何か、それは自己 複製を行うシステムである、二十世紀の生命 科学が到達した答えの一つはこれだ、しかし、 それだけでは不十分だ」という。(*3)分子 生物の機械的な生命観は過去のものになり、 最も新しい生命観は「生命体のパーツ自体のダ イナミックな流れ[時間]の中に成り立つもの」 であるらしい。認識の「浅はかさ」と書いて 「ナィーブ」と読ませるこの本の結語は、「 私たちは、自然の流れの前に跪く以外に、そ して生命のありようをただ記述すること以外 に、なすすべはないのである」という言葉だっ た。漢和辞典の虫の項で、この現代の生物学 者と同じ様に「生命の前に跪く人間」の認識 というものを感じたのであった。  

参考書
*1「諸橋 大漢和」大修館書店
*2 白川 静「字統」平凡社
*3 福岡伸一「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書
*4 大辞林 三省堂
*5 平凡社世界大百科事典
*6 H・ビーダーマン「世界シンボル辞典」八坂書房 
*7 荒俣 宏(平凡社世界大百科事典)
*8 William Wordsworth(平井正穂訳) 岩波文庫

(first updated 2008-10-25(土))

クレオパトラ